マンション外壁塗装やリフォームのすゝめ|ノウハウ収拾隊

作業員

修理を依頼する

雨漏りが始まって気が付く屋根の重要性

作業員

普段、屋根について気にしている人はどれほどいるでしょうか。家を購入したとしても屋根のことは忘れていることが多く、小学校時代にクラスにいた30年以上あっていない友達くらい忘れ去られているものです。今一存在感が薄い屋根ですが、屋根の重要性は意外なことがきっかけでわかったりします。その一つが雨漏りです。雨漏りは普通に設計させた住宅であればなかなかあり得ないことですが、いくら普通に設計した住宅であっても新築から20年もすれば雨漏りが発生する可能性が多いのです。その時になってようやく天井をしげしげと見上げる人も少なくありません。『そういえば屋根の様子は気にしていなかったよな』という感じです。屋根から雨漏りする場合には雨漏り修理をするしかありません。

雨漏り修理は修理業者にお願いをするのがよい

雨漏り修理は自分で行う人もいますが、それはよほど慣れた人が行うからできるのであって、素人が修理をしようとしてもどこが雨漏りの原因かわからず、逆に足を滑らして落下する恐れがあります。そこで、雨漏り修理に関しては、お金がかかりますが、雨漏り修理業者にお願いをして修理をしてもらうのが一番賢明なやり方です。とはいえ、一番気になるのがその修理の費用ではないでしょうか。この費用に関しては、どの部分が原因で雨漏りが発生しているのかによって異なります。例えば、スレートや瓦がずれてしまっている場合や風で飛んで行ってしまった場合などは10万円以内で修理ができますが、スレートの防水性が劣化している場合は30万円から80万円ぐらいの費用は覚悟しておいた方がいいでしょう。